一般財団法人 宇宙科学研究イニシアティブ:設立趣意書

◆背景
 国民の科学への理解と関心、少年少女の科学的思考力は、国家の繁栄と国際競争力の源泉です。しかし、我が国が先進国の仲間入りをして以来、日本経済の低迷による税収の減少から、応用科学に研究費が偏重し、国民の理科離れが進行しているのが現状です。
 本財団は象徴的な基礎科学である天文学を中心に、サイエンス・カフェの運営や宇宙空間科学・宇宙物理学の一般向けイベント開催など、ユニークな民間協力による学術研究活動を続けてきました。そのひとつが、京都大学、名古屋大学、国立天文台、株式会社ナノオプトニクス・エナジー4者による新技術天体望遠鏡の共同開・製作活動です。

◆財団の目的
 本財団は、科学と技術の普及・啓発を目的として設立されました。その第一のミッションとして、国立天文台岡山天体物理観測所に隣接設置予定の新技術天体望遠鏡の開発、製作支援及び天文台の運営を掲げています。本財団の活動を通じて、宇宙の知識と成果を新しい技術につなげ、未来に生かしたい、天文・宇宙研究に貢献するとともに、人類の新たな価値観、豊かな文化・社会をつくり出し、その持続的発展に寄与したいと考えております。

◆世界初の新技術天体望遠鏡をみんなの望遠鏡に
 開発中の天体望遠鏡は、完成すればアジア最大であり、その鏡は世界初のナノ精度を有する研削技術によって製作されています。現在、新しいコンセプトによる天体望遠鏡本体の技術開発が進行中で、2012年冬には、技術開発をほぼ終了する予定です。
 今後、望遠鏡の製作及びドーム建設等の実施に当たり、広く日本の天文・科学ファンや支援企業の方々の資金的寄与を募り、市民参加型の「みんなの望遠鏡」を作り上げてゆきたいと思っております。「みんなの望遠鏡」を架け橋とした天文・宇宙科学者と市民の交流から、基礎科学の裾野を広げ、次世代を担う少年・少女の科学への参加を応援したいと考えております。

◆サイエンス・コミュニケーション活動
 宇宙科学者と市民の交流の具現化として、日本の大人たちや子どもたちと天文学や宇宙空間科学をつないでゆくため、産官学を繋ぐサイエンス・カフェ、セミナー、博覧会、サイエンスツアー等の様々な活動を継続的に行っていく予定です。

 本財団設立の趣旨に御賛同いただき、御理解をいただければ幸いに存じます。御協力を賜りますようお願い申し上げます。

2012年3月吉日
代表理事 藤原 洋